家の近くのかかりつけ医は馴染みの眼科です


「家の近くのかかりつけ医」としてあげられるお医者さんは、その薄毛治療は評判の大阪でAGAの治療を私の場合は「眼科医」ですね。近所の眼科医院には、非常にお世話になっています。私の親の代から、そして私が小さい頃からお世話になっている、まさに「地元の眼科医」です。それが私の「家の近くのかかりつけ医」です。

この眼科医の先生の何がそんなに助かるのかといいますと、評判の工務店を探すとこの青梅では病院なのに待たなくていいところです。とは言いましても、顔なじみだから他の患者さんを差し置いて、自分が優先されて診察されているわけではありませんよ。順番はきちんと守ります。

ただ、小さい頃から知っている近所のかかりつけの眼科医院ですから、「空いている時間」を教えてくれるのです。だからというわけではないでしょうけれど。個人的に連絡先を知っているので、近所のかかりつけの眼科医の先生から、「今、暇だからおいでー」と連絡を入れてもらえるのです。ただ、それだけなのですが、しかしとっても助かります。

評判の内科を芦屋で検索すると私はコンタクトレンズ愛用者ですから、定期的に眼科に行かなくてはなりません。けれども、細かい診察をするわけではないので、はっきり行って眼科に行くのは億劫なのです。そんなところで、かかりつけの眼科医の先生から役立つ情報(空いている時間を教えてもらえる)をもらえるのは助かりますね。近所のおっちゃん感覚ですから可能なのでしょうか。

医者としての腕前とは関係ないことかもしれませんが、評判の芦屋の内科で木曜も往診するとしかしかかりつけ医になるかどうかの大きな要素なようにも思いますので。もちろん腕もいいですよ。